即日融資では審査の早い消費者金融が人気

即日借り入れを考えている人にとって大変気がかりなのが、いつまでに融資の可否がわかるのかと言う点ですよね。

 

近年においてはあらゆるカードローン会社でスピード審査をしているので、審査が早い時には最速30分で完了するところもあります。

 

しかし、カードローンも銀行のものは低金利が魅力であるため、消費者金融系と比較した時に厳格な基準で審査されてしまうので、それだけ審査に時間が掛かってしまうのが不便な点です。

 

逆に、消費者金融のカードローンは審査時間が短いというメリットがあるので、即日融資にこそ最適であるカードローンであるといえます。

 

100万円や200万円といった借り入れ金額をする際は、掛かる金利は最も意識しないといけない部分です。

 

元金が高額な場合には、金利の値が数パーセント異なるだけで利息をどのくらい負担するかが大きく変わってしまいます。

 

逆に、数万円レベルの借り入れや即日借り入れが重要なケースでは、銀行系よりも多少金利は高くなりますが審査スピードの早さがメリットである消費者金融がおすすめです。

 

キャッシングをするその時々の金額やいつまでに必要なのか等を考えて最適な借入先は変わります。

 

融資された現金をどう受け取るかは銀行口座への振込みと自動契約機を利用した受け取りの2通りの選択肢があります。

 

銀行口座へ入金してもらう場合、ネット銀行の口座ならほぼリアルタイムで入金情報が反映されるのに対して、通常の金融機関の振込みは申し込み時間帯によって完了までの時間が異なります。

 

当日中に振り込まれたとしても夕方なら、実際に自分の口座に入金が完了するのは困ったことに翌営業日となります。

 

したがって午後3時を過ぎた申し込みでも当日中にお金が欲しいなら、よく見かける無人契約機を使うのがおすすめです。

 

オンラインで申し込みをした後無人契約機で所定の手続きをすれば、その場でカードも発行でき現金が引き出せます。

 

借り入れが50万円以下なら収入証明書の提出は不要であることが大半なので、比較的かんたんに借り入れができます。

 

こうすれば外出しているときに現金でしかピンチを切り抜けられないとき、時間が遅く銀行振り込みができなくてもお金を受け取ることが可能です。

 

あらかじめネットで申し込み、無人機から発行されるカードをもらうのが最速の方法です。大規模な消費者金融に申し込めば、夜でも自動契約機で借りられます。

 

夕方になってからその日のうちに融資を完了してほしいと考えた際には、ネット申し込みをしてから近くの無人機へ行きましょう。

即日融資は誰でもできる?大切なのは返済です

お金を借りるときは比較的簡単にできますが、大事なのは返すことです。トラブルを予防するためにも、基本的な返済についての知識を確かめておきましょう。

 

たいていのキャッシング会社では、銀行口座からの引き落としかATMでの返済方法が選べることが一般的です。どちらの方法でも月ごとに定められた返済日に設定された最低支払金額を返さなければいけません。

 

これらについては多くの人が分かっているかと思います。ところが支払い総額を抑えるために、多めに返していく繰り上げ返済を知らない方は意外と少なくありません。

 

元金を少しでも減らせば最終的に負担する利息の総額が減りますからね。普通はほとんどのキャッシング業者で借入金の繰上げ返済ができるんです。

 

ただし、繰上げ返済ができるのは基本的にATMからの手続きのみであることが多いですからそこは確認しておくと良いでしょう。

 

なお、その際に振込み手数料はどうなっているのか注意しましょう。これに関しては各会社ごとに事情が違ってきますので、公式サイトなどでチェックしておいてください。

 

次に覚えておくべきことは、もし返済日にお金を払えなかったらどうなるの?という点です。

 

ほんの少しでも返済が遅くなったら怖ろしい取り立て屋が家や会社にやってくるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、きちんと法律に沿ってキャッシング業務をおこなっている業者の場合、そのようなことはありません。

 

まずはキャッシング会社のコールセンターから確認の電話があるでしょう。お支払いの確認ができなかったため、ご連絡しました。という感じで穏やかに連絡してきますからあまり不安がることはありません。

 

とは言え、この電話での返済確認はつながるまで何度でもきます。電話がつながらない状況がずっと続くと、その次は職場への電話確認があったり郵便で催促状が来たりします。

 

こうした事態に陥る前に、もし返済金額が用意できない場合こちらから返済スケジュールの相談をしましょう。業者側も貸し倒れになられると困るので、返す意志がある人には相談に乗ってくれるかもしれません。

 

うっかり数日過ぎてしまった程度ならそんなに厄介なことにはなりませんが、通常の返済金に加えて遅延損害金を払う必要があることは知っておきましょう。

 

キャッシング会社によりますが、ほとんどの場合年率20.0%程で割り出された額が遅れた日数分だけ加算されます。

 

一般的に2〜3ヶ月以上の滞納になると信用情報機関に事故扱いで記録されてしまいます。ブラックリストというのはこのことを指しています。

 

こうなってしまうと、ローンなどの審査は信用情報を調べるので、新規申込みしても通ることは非常に難しいです。それから、クレジットカードの申込みにおいても審査では信用情報機関のデータを調べられるので、当然ながらクレジットカードを作ることもできません。

 

この事故情報が消えるまでの期間については、信用情報機関により微妙に違うかもしれませんが普通は返済遅延ならば5年程度です。

 

キャッシングの返済に関する基本的なところを解説しましたが、いずれもお金を借りる際には非常に重要となるポイントばかりです。

 

中でも返済が遅れた場合にどうなるのかについては絶対に知っておかなければならない内容です。

 

良く知られた大手の金融会社ではドラマのような乱暴な取り立てはしませんがそうは言ってもやはり気分は良くありません。そういう事態を防ぐため、お金を借りるときは計画的にすることが大切です。

更新履歴